ウイルス感染対策Antivirus

  • ウイルス感染対策
  • ウイルス感染対策

いつも、こうつ歯科・矯正歯科にご来院いただき誠にありがとうございます。

こうつ歯科・矯正歯科では、新型コロナウィルス感染予防に関して、厚生労働省、日本歯科医師会、ADA(アメリカ歯科医師会)、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)、国内外の最新の論文・学会発表等より最新の情報を収集するよう努めております。
それら科学的な情報に基づき、以下に示します、現時点で考えうる最善の感染予防体制を整備して診療しております。

患者様へのお願い

新型コロナウィルス院内感染を防ぐため、患者様にも以下の対応を徹底していただきますよう、お願いいたします。

1.同伴の規制

待合室での混雑を避けるため、可能な限り同伴でのご来院をご遠慮いただいております。

2.マスク着用

2.マスク着用

必ずマスク着用をお願いしております。お忘れの場合は当院でご購入いただけます。

3.手指消毒

3.手指消毒

ご来院時にアルコールにて手指消毒をお願いしております。

4.検温

4.検温

ご来院時に非接触型体温計で検温させていただきます。検温の結果37.0℃以上の場合は、恐れ入りますが診療をキャンセルとさせていただきます。

5.問診

ご来院時に、体調やご家族の状態などをお聞きしております。その際、下記「新型コロナウィルス感染症が疑われる方」の項目いずれかに該当する場合は、恐れ入りますが診療をキャンセルとさせていただきます。

6.ポピドンヨードによるうがい

6.ポピドンヨードによるうがい

診療室へご案内後、ポピドンヨードを用いたうがいをお願いしております。ヨードに対してアレルギーをお持ちの方はスタッフにお伝えください。

新型コロナウィルス感染症が疑われる方

次の症状がある方は診療をキャンセルさせていただいております。不安な場合はお問い合わせください。

  • 検温の結果37.0度を超えている。
  • 風邪の諸症状(くしゃみ、咳など)がある。
  • 息苦しさ、倦怠感がある。
  • 嗅覚、味覚に異常がある。
  • 濃厚接触者(家族や同僚など)に感染者が出た。
  • 3週間以内に渡航歴がある。

患者様には大変ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

院内環境整備について

当院では徹底した感染管理体制と、十分な空間を確保した安全な診療体制を整えています。
現在は、以下の診療体制にて診療を行なっております。 

1. スタッフのうがい、手洗い、検温を徹底しております。

2. 会話時の飛沫による感染リスクを最小化するため、受付カウンターにアクリル板の飛沫ガードを設置いたしました。患者様とスタッフの安全のためご理解の程お願いいたします。

院内環境整備について

3. 待合室での混雑緩和のため、歯科衛生士に関しては診療室内にて会計を行っております。

4. 待合室での混雑緩和のため、極力予約と予約間を30分空けております。

5. 待合室での混雑緩和のため、極力同伴をご遠慮いただいております。

6. 不特定多数の人が触れる可能性のある雑誌類、おもちゃ、ウォーターサーバー、キッズスペースを一時的に撤去しております。

7. 使用した器具は専用の滅菌器を用いて滅菌を行なっております。

院内環境整備について

院内環境整備について

8. 診療終了毎に「第二種歯科感染管理者(https://npo-jaos.org/clinic/27/)」の資格を持った専門の滅菌スタッフが器具の滅菌・消毒をしております。

院内環境整備について

9. 診療中はマスク、ゴーグルはもちろんのこと、全員がヘッドキャップ、感染防止ガウン、フェイスガード、アームガードを着用。これにより飛沫による感染リスクを最小限に抑えます。

院内環境整備について

10. 換気のため、入り口、勝手口、診療室ドア、診療室内の窓を開放しております。

11. 全診療室内に、空気清浄機を設置、空気の循環のため扇風機を設置、換気扇を使用し、常に換気をしております。

12. 各診療毎に、診療チェアーの消毒次亜塩素酸ナトリウム0.05%)を行なっております。

院内環境整備について

13. 待合室のチェアー、ドアノブなども消毒(次亜塩素酸ナトリウム0.05%)を徹底しております。

院内環境整備について

14. 歯科医院においては、口腔外バキューム(吸引装置)が感染対策に有効であると報告されております(日本歯科医学会連合)。当院では、全診療室に1台ずつ、計6台の口腔外バキュームを使用しております。

院内環境整備について

15. 玄関、受付、トイレ、各診療室、廊下に手指消毒用(エタノール80%)を設置しております。

16. 出入りされる業者の方にもマスク着用、手指消毒をお願いしております。

17. 届いた荷物は、触れる前に一度消毒(次亜塩素酸ナトリウム0.05%)をしております。

以上は患者様および当院スタッフの安全のため、そして医療崩壊を防ぐために現時点で考えうる最善の体制です。今後につきましては、厚生労働省、日本歯科医師会、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)、ADA(アメリカ歯科医師会)、国内外の最新の論文、学会発表等の状態によって変更となる可能性がございますので、ご理解のほどお願い申し上げます。

通院をいったん休止される患者様へのお願い

休止期間中に症状が悪化しないよう、また、新型コロナウィルスに感染した際の重症化を予防するためにも、以下をおすすめしております。

  • ① 歯磨き、歯間ブラシ、フロスなどによるホームケアを継続しましょう。
  • ② 規則正しい生活とバランスのよい食事を心がけましょう。
  • ③ 十分な睡眠をとりましょう。
  • ④ 新型コロナウィルス重症化を防止するためにも禁煙に努めましょう。
  • ⑤ ストレスが増加しています。食いしばりや歯ぎしりのある方はマウスピースを忘れずに装着しましょう。
  • ⑥ 休止前には次回のご予約をお取りください(自粛期間が空けると予約が集中する可能性があります)。

●参考
大阪府の帰国者・接触者相談センターの詳細はこちら
http://www.pref.osaka.lg.jp/iryo/osakakansensho/corona-denwa.html

当院からメッセージ

新型コロナウィルスの被害は甚大であり、終息にはまだまだ時間を要すると感じています。
こうつ歯科・矯正歯科では、厚生労働省、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)、ADA(アメリカ歯科医師会)などの指針を参考にしながら、考えうる最善の感染対策を実施し、診療を行なっております。
アメリカ歯科医師会の指針には、開業医が(休業せずに)緊急を要する診療を行うことによって、歯の痛みを訴える患者様が救急病院や各病院の救急外来に行くことによる医療崩壊を避ける、という意義を明示しています。また、元国立感染研究所口腔科学部長、花田信弘先生(鶴見大学歯学部教授)からは、お口の中の細菌が原因で、新型コロナウィルスに感染した場合に重症化(呼吸困難など)するリスクが高まる見解が示されました。皆様におかれましては通院するリスクもお考えだと思いますが、このような背景を受け、感染予防には最大限の注意を払いながら診療を継続しております。本当に辛い痛みや症状があった時に来ていただくためにも、最善の環境を整えております。
こうつ歯科・矯正歯科だけでなく、全国の多くの歯科医院も懸命に新型コロナウィルス感染対策や医療物資不足、経営危機などによる歯科医療崩壊の危機を食い止めようと尽力しております。 ご理解ご協力の程、何卒よろしくお願いします。

当院からメッセージ

〒565-0873 大阪府吹田市藤白台1丁目3-30
阪急千里線「北千里駅」、大阪モノレール「山田駅」近く
※吹田市北消防署の目の前

  • tel
  • mail

診療時間Clinical Service

診療時間
9:00 ~ 12:30
14:00 ~ 18:30

▲は17:30までの診療となります。
休診日:木曜・日曜・祝日